忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 商店街ブティック体験記

何と、商店街のブティックで服を買ってみた!

スーツの下に着るシャツが、体に合わなくなってきたこと、
微妙にくたびれてきたこともあって廃棄。
遠出はできないし、これは商店街で買うチャンス!?
代替わりのを買いに行ってみる。

商店街に、ブティックと呼べる店は2軒。
A店とB店を見比べ、
B店の方が好みのテイストで、
どうやらA店の方は、顧客の年齢が若干高いよう。
どちらも、飾り気はあまりなく、外からはわからないけど、
店内の商品点数はかなり多い。
ブティックというより、メーカーのショールームっぽい。

接客してくれたのは、レジにいる女性じゃなく、
オーナーと思しき60歳前後の男性。
カジュアルなジャケットを着て、接客経験は長そう。
ゆるゆるジャケットを着た私を一瞥して、
サイズをぴたりと言い当てる。
「私もこの仕事、長いもんで」

いろいろ出してくれて、見比べる私。
値段を聞くと、けっこう高い。
Tブラウスといった、布帛とカットソーの中間みたいな服で、
1万5000円~3万円といったところ。

「すいません、私見る目がないんで、これ、その辺で3000円くらいで売ってそーに
見えちゃうんですよ」
と正直に言うと、
「お召しいただければわかります。カッティングが違うんです。それと生地。
このメーカーは岡山にあるんですが、こういうモノ作らせたら、日本一ですよ」
「最近、若い頃着てたような服は、みっともなくなっちゃうんですよね」
「同じようなシャツでも、体型によって着た感じが変わってきますからね。
まずそでぐりが合わないでしょう? 若い人の服は、平面的ですからね」
と言って男性が見せてくれたシャツには、
ちょっと見ではわからない意外なところに、微妙なダーツだの、切り替えだの、
私にはわからない小さな技が織り込まれていた。

「ほんの小さなことなんです。でも、これがあるために、
着たときに体にピタっと沿う。服が立体的ですから。
そういう服は、お召しになると、ヤセて見えますよ」
う~ん、ニクいこと言うじゃん。

この店にある服は全部国産だそうだ。
この商店街、明治時代からあるから、
この店も案外古いのかもしんない。

結局、スーツ以外にも使えそうな、
ちょっとシャリ感のある不思議な素材(でも綿100%)の、
少しデザインのある七分袖のカットソーにした。
値段は1万7000円!
この服は、多分生地が高いんだろうな。
もらいものの商品券が購入資金なのでまあよし。

一枚買うのに、あれもこれもしげしげ見て、
なかなか勉強になる。

着てみて外を歩いたら、
2人に「あれ? ヤセた?」
と聞かれて内心ニンマリ。
(単行本やってるんで、体重最高値に近い)

確かに、背中のニクが目立たない。
体の厚みを吸収してくれるようだ。
ただ、もうちょっとヤセると(今回もその予定!)、
「いかにもオバサン服」
に見えてきそうな気もする。
痛しかゆし。

PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

COMMENT

コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター