忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 アラフォー、婦人公論

「サキコ」さんと「のり」さんのコメントに導かれ、
「アラフォー」を見て「婦人公論」を買う。

「アラフォー」、面白いね!
天海ゆうきさんが藤木直人くんと仲良くなる設定なのね~
全然ムリないし。天海さんキレイ~

松下ゆきが尽くすタイプの専業主婦、
大塚寧々がリッチなDINKS、っていうキャラクターなんだ。
この三人、今の40代をくっきり切り取っていて、
すごく共感する。
いるいる、こういう友達~~

って、ドラマにのめりこんでしまったので、
服は碌に観察できなかったのでした。
でも、服に注意がいかないくらい、とても自然なスタイリングだったって
ことなのかな? 

いちばんリアリティあったのは、やっぱり松下ゆきだよね。
主婦のお出かけファッションって感じ。
上品で、無難で、微妙に垢抜けない。
天海と大塚は、もっと時代性を感じる、
洗練されたスタイルだった気がする。
体型のせいもあるかもしんないけど。

これからドラマが展開していくと、
松下の服装も変わっていくのかな?
今度はよく観察しよう。

『婦人公論』は、「夏目♀さん×池田きょうこさん×斉藤勇先生」
というお片づけ対談があって面白かったので買ってみた。
それはおいといて、
連載小説ね。

著者は斎藤薫さんだったのね!
私、この人美容ライターだと思ってたけど、
小説も書くんだ~。

一回読み切りが毎月掲載されるスタイルらしく、
今回のタイトルが「老けて見える女」だったのだ。

読んでみたら、これまたありそうな40代女の話で、
しみじみ読んだものである。
「素顔のままで」
「飾らず」
生きてきたら、男にも逃げられ、仕事でもホされちゃったって話。

さすが美容について書いてきた人、
化粧しない女がどう見えるか、冷徹に書いている。
でもとっても共感する。
身につまされるねえ。

ちなみにファッションページは、意外にもセンスよく、
見ごたえがあった。
「おっかないオバサンの愚痴満載雑誌」
と思っていたので、少し驚いた。
PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

 『ナチュリラ』売れてんのね!

以前『ナチュリラ』について書いたけど、あの本売れてるみたいだね。
どの書店にも結構さしてあって、
駅前の大書店に行ったら、「売れてます!」のポップが。 

版元支給のポップによると、読者からの反響が大きいみたい。
「こういうファッション情報が欲しかった」
「ブランドばかりのファッション雑誌は見飽きた」
などなど。 

やはし、背の立つファッション誌に行きたくない、
あるいは行けない層というのが確実にあるのだ。 
15日にはvol.2が出るのだそうだ。

類書も出ていて、それは何と宝島社。
その名も『リンネル』という、内田彩乃さんテイスト満々の本。 

だがしかし、何度見ても、この手のファッションは、
肌が疲れて、背中に肉のついたオバサンが着ると、
あまりに痛々しい。
素敵だけどできないな、私には。

 だが、背の立つ広告雑誌に反旗を翻す貴重な一派なので、
与することはしないまでもひそかに応援したい気はする。頑張ってね。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

 『como avance』

月間誌『como』の臨時増刊という位置づけで、
「30代後半、子どもも思春期。でも、さびるな。輝け、私!」
「体型も、肌も、家族のカタチも変わり、そろそろcomoを卒業、の姉ママたちへ」
というキャッチがついている。
表紙モデルは「ちはる」さん。

私ら40代から見ると、やや若い雑誌なんだけど、
ここに表現されている30代後半の悩みは、
40代と地続きなので、なかなか参考になる部分はある。

しかし、30代後半で子供が思春期って、
けっこう結婚早めだよね。
「姉ママ」という微妙な造語もどうなんだ!?

ファッションに関しては、ちょっとスタンスが不明。
広告がらみもあって、
やりたいことが見えてこない感じ。

だが、
「姉ママ世代の味方ブランド&ショップ発表!」
記事の登場ブランドとショップは、
この世代の指標にはなるかも。

以下一覧。

Amaca
Hemispheres
heliopole
la.f…
comptoir des cotonniers
Notify&Replay

だって。アマカ以外知らんわ!
つーか読めんわ。

まー無難なページにはなってんだけど、
何かツマラン、予定調和的なスタイル。
誰にも非難はされないだろうけど、
皆、ホントにこんな服が着たいんだろうか?

 

| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 『クロワッサン』『ルチェーレ』

『クロワッサン』3月25日号がまたファッション特集。
前回の特集がいまいちだったのでどうかなと思ったけど、
今回は(私的には)まあまあアタリ。
恒例の海外ミセスのファッションが、
ヨーロッパでなくアメリカ、しかも西海岸(サンフランシスコ)
だったのがよかったみたい。
リアリティがある。

「少し前までは大丈夫だったのに、若い頃のような服が似合わない」
という見出しはイイ感じ。皆これ見て買いそうだな。
横森美奈子先生のスタイリングは、
リアルかつ夢があっていい。
ただ、横森先生がお痩せになったようでちょっと心配である。

意外によかった「おすすめしたい、うちのヒットアイテム」。
各ブランドのプレス担当者が、自社のヒットアイテムをセレクト、
自ら着て披露するというもので、
1色ページにしたのはもったいない。
カラーで見たかったなぁ。

『ルチェーレ』は、常にはやらないファッションを、
「アンチエイジング」特集にからめてやってくれた。
押田ヒロミ先生のスタイリング講座、
とっても役立ちそうだ。
タイトルも、
「この春こそ地味おばさんから”華”ありレディに!」

芸能人の普段着記事はやや唐突な印象があったが、
(プロモーションがらみなのかな)
それに続く、
「読者のおしゃれスナップ・デニム編&ワンピース編」
は、とっても楽しい!
ホントに全員素人さんなのかは謎だが、
こういうのもっとやってほしいな~。
先の『クロワッサン』でもデニム着こなしページがあった。
結局皆毎日こういうモノしか着てないんだからさ。

ファッション専門誌より、生活情報誌がたまにやってくれるファッション特集の方が、
いろんなシガラミがなくていいのかもしんない、
と思った次第である。

ところで、料理家の平松洋子先生と、飛田和緒先生って、
親戚!? 似てなくない?

| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 ファッション雑誌買ってみた

ファッション雑誌買ってみた。『エクラ』と『グラツィア』。

『エクラ』は急に見出しがポップになったなぁと思ったら、
誌面もカジュアル重視に変えたみたい。
ジーンズとかいっぱい載ってた。

30台向け『グラツィア』を買ったのは、
夏木マリさんの大特集だったから。
30代雑誌だからって、同世代を特集するばかりじゃないのね。
夏木さんは49歳だそう。美しいねえ

夏木さんは、モノをあまり持たない人らしい。
また聞きだけど、靴一足買ったら、即一足捨てるそうだ。
そのときぜんぜん迷わないんだって。イメージぴったり~

しかし、特集のほかは見る気がしない『グラツィア』に比べ、
『エクラ』の方は気分よく見ていられるのだ。

なんでかな~と思って気づいたのが、
一つは情報量が『グラツィア』より控えめなところ。
載ってる商品アイテムの絶対数が少ない。
オバサンそんなにいろいろゆわれてもわかんねーって。
ちっとでいいんだちっとで。

もう一つは、
「男の視線」を意識していないところ。

『グラツィア』の服は、男を意識している。それもムンムン。
男に選ばれ、男の序列の世界の高い位置に行きたい女の欲望の照射。
『エクラ』は、もうそれは卒業してる。
(あるいは読者がもうある程度のクラスにいるからかもしれない)
男にウケる、姑にウケる、PTAでウケる、
そんなのもう関係ねぇ! だってオバサンだもん。

実際『エクラ』は、40代後半~がターゲットと明言していた(今月号中)が、
そういう意味では、もっと広い世代が対象になるんじゃないのかな。
男や姑やPTAにウケなくてもいい、
出世ももう気にしない、
そんなほどけた女が気分よく着られる服。

オバサンになっても、着たいもの着ようよ。
でも、見苦しくなく、エレガントにね。
そんなメッセージが感じられて、
同世代向けマダム雑誌(画報系、代議士夫人みたいな服ばっか)みたいにガチガチじゃなくて、
私はこの雑誌、好きだな。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |
BACK| HOME |NEXT

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター