忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 40代の黒

以前、カラー診断の取材をして初めて知った、
「黒」の難しさ。

つまるところ、日本人で黒が本当に似合うのは、
女優タイプの美人なのだ。

色が白く、黒目がハッキリしていて、鼻筋が通っている、
本物の女優で言えば、中山美穂とか。
伊東美咲とか。

若い頃、黒が似合うと自分で一人合点しているのは、
たいがい間違いで、
トシをとるごとにその間違いはハッキリしてくるのだが、
ひとり自分だけは気がつかない。

シミもシワもない、肌のたるみもない頃は、
少々難アリでも若さで目立たなかったが、
肌がくすんでくると、顔の近くの黒は、
そのくすみを倍増させる!

肌のきれいな一部の美人顔を除けば、
トシをとるほどに、自分に似合う色を追求して、
安易に黒でごまかすのはやめた方がいいのね。
あの時、痛いほどわかったのである。

それを証拠に、50代、60代で、
きれいな色を着ている人は、やっぱりトクしてる。
顔の下にレフ板当ててるみたいなもんだもん。
(まあ、人にもよるが)
年寄りの派手な色、かえって清潔に見えるよ。
ソンしないよう、40代になったら気をつけなくっちゃ。
PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 背中の段差

30代後半以降の人は、夏場はカットソー一枚は危険だね。
だいたい段がついてる。
逆に、段がないと、ポイント高くなる。
背中って見えないから怖いよね。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 日焼けしたくない

ご近所さんとの会話の中で。

「でも、あのサンバイザーは、ちょっとギクっとすんのよね」
「ああ、あの溶接工みたいなやつ?」
「そうそう、顔が見えなくてね」
「それから、二の腕から手の甲まで覆う手袋ね」
「白いと特にね」
「佐渡おけさ踊れそうだよね」

気持ちはわかるのだが。
何か他にないのかな。

| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |

 40代のご近所ファッション事情

上の子と下の子のそれぞれの保護者会やイベントで、
保育園行ったり小学校行ったりする。
それぞれのママたちを、かわるがわる見ることになる。

保育園に行ってから、小学校行くと、
ガックリくるね。
なんか、一挙に景色がくすむんだもん!
どよ~んと。

30代前後の保育園ママは、まだじゅうぶんキレイ。
働いてるからメイクも服装も気を使ってるし、
若いからお肌にもハリがあって髪にもつやがある。

それが小学校へ行くと‥‥

肌はくすみ、シミが目立つ。
髪にはつやがなくなり、ボサボサ。
それから、これが疑問なのだが、
働いているママも決して少なくないのに、
メイクはおざなりで、着るものにも気を使っていない。
襟のゆるんだTシャツとか、平気で着てる。
私が言うのも何だが、ちっとは気使えよ!
なんて毒づきたくなるが、
話し合いの内容にはいたって積極的で、
皆きちんとした、立派なお母さんなのだ。

全部が全部そうじゃないけど、
小学校ママに総じて言えるのが、
「ラクならいい」
という姿勢。
ウエストを隠すダボっとしたトップス、
丈の半端なパンツ(ウエストはゴム)、
またはロング丈のスカート(ウエストはゴム)、
玄関に常備してるのをつっかけてきましたと
言わんばかりのスニーカー。

ああ、私の鏡のよう。
でも、やっぱりそれじゃダメだよな。

でも、いつもそうじゃないのよ。
その格好で行っちゃうテリトリーがあって、
そこ(ターミナル駅)から先に行くときは、
急に気張ってキレイにしてたりするから、
別人かと思ったりするもん。
「やればできるんやないけ!」とか関西弁で突っ込みたくなるもん。

その気合ファッションがそんなに素敵じゃないとしても、
よれよれTシャツよりはマシ。
ご近所やPTA行くだけでも、
もうちょっとキレイにしようよ、保育園のときはできたんじゃん、
って思ってしまうのだ。

小学校ママを見てると、
話し合いの内容じゃなく、
その景色でうんざりしてしまう私。
ああ、キレイな40代をもっと見たい。
自分も、もうちっとマシになりたい。

去年はあまり思わなかったのに、
今年になって急にそう思うようになったのは、
私も本格的に年とってきたということなのか、
あるいは子供に手がかからなくなってきたということなのか。

いずれにせよ、余裕がない、
自分のことは最後回し、といった事情が
透けて見える、40代のご近所ファッションなのだった。

| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 かといってナチュラルというのも

「ナチュラル系」
というのも、しかしそれはそれで危険な綱渡りなのだ。

オーガニック属性の50代以上の女性に時々みられるのだが、
「とってもナチュラル」
なファッション。

お友達の作家が心を込めて織ったり縫ったり染めたりしてくれた、
生成りのシャツやチュニック、草木染のドレス、ゆったりパンツ。
白髪は全然隠さないか、へナでオレンジ色。
もちろんパーマなんてアリエナイ。
バンダナなんかかぶっちゃったりして、
ホントのノーメイク。

いや、あれはあれで、なんというか妖精のようで、
というか仙女のようで、アリだわなとは思うのだが、
じゃあ自分が着たいかというと、
「‥‥‥」。
自分ちやリゾートでなら、すごくいいと思うんだけど。
着心地はホントによさそうだし。

この辺でさすがに、自分に愛想が尽きる。
あんたホントに何が着たいの!! って。

でも、そう感じてる40代、ほかにもいませんか!? ね!?

| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |
BACK| HOME |NEXT

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター