忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 お友達からのメール

年上のお友達、お~ばさんからメールをいただいた。

お~ばさんは、消費生活アドバイザーとして商品研究なんかをなさっていて、
業界誌に執筆もされている方で、かつ、とっても個性的でおしゃれな方です。


  ゆきこさん ども~。

  いつもどうもありがとう。

 
  ところで、毎日新聞は見てる??
  昨日9/3の朝刊 くらしナビ フッァションのページに
  メーキャップアーティストの山本浩未さん(1964生まれ)と言う人のことが出ていたの。
  その人のワードローブの話しの中でね。
  この人の記事読んでいたら、ゆきこさんのこと思い出しちゃった。

 
  今は、基本は仕立てのいい綿のボタンダウンのシャツを基本に
  スカートやワンピース等らしいけど
  20代までは+の時代 30代はそこで吸収したものを一度削ぎ落として
  自分の書くになるものを見つけ
  40代は再び+の時代。シンプルになった自分に色付けして
  好きなものや良いと思うものを強化して行くって。
 
  磨いてきた中身をメッセージするのが、フアッションやメイクだって言うのは
  私も思うところだな。
  
    (中略)
 
  シンプルライフ 砂漠のランナーの記事、読みました。
  とっても良かったです。
  モノ好きで、加齢等の不自由のために便利さを追いかけてきた私だけれど
  このところ、送られて来るカタログ類を見ると、うんざりする。
  一応、チェックして目は通すけど
  やっぱり便利を追求すると、自分で考え工夫する能力は
  確実になくすね。
  マイミクさんで、自分でお弁当を作り、自分でつけた漬け物も職場で持って行って食べるらしいけれど
  それを見た新人社員が、「料理、趣味なんですか??」と聞いたとかで
  呆れていました。
  総菜やレトルトで育っちゃってるんですかねぇ。

   (後略)

お~ばさんに教えていただいた記事は、
9月3日(木)の毎日新聞14面「くらしナビ」に掲載の、
「ワードローブ」という記事です。

山本浩未さんは64年生まれ。
白いシャツとジーンズ、ハイヒールがとっても素敵なお写真ですよ。
興味のある方は図書館等でご覧になってみては。
PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 追加

美しい二人を忘れていた!

天海祐希(67年)
鈴木京香(68年)

美しすぎて参考にならない??
| TRACKBACK:0 | COMMENT:6 | HOME |

 40代以上の女優さん

あんまり久しぶりなので入り方を忘れてしまった。

「何を着たらいいのかわからない」
と思い始める40代。
お手本にしたい人が回りにいないのも原因かもしれない。
「あんな風になりたい!」
と思わせてくれるモデルがあれば、
それに沿った衣装設定を考えるのも容易だろう。

というわけで、40代と50代以上の人気女優さんをピックアップしてみた。
webで名前が挙がっていた人たちを、
生年順に並べただけで、
コメントも単なる思い付きだけど、
意外と参考になるかも。

ファッションモデルじゃなく、女優さんというのがポイント。
モデルの場合、キャラクターじゃなく服が主役なので、
むしろイメージをつかみにくいけど、
女優さんはさまざまな「女」を演じてくれて、
それが私たちにいろんなイメージを与えてくれる。

この方たちがどんな服を着ておられるか、
観察するのも役立つかもしれない。
自分に近い、
あるいは真似できそうな人がいるといいのだが。


40代(1960年代生まれ)
浅野ゆう子(60年)スタイル抜群なのに親しみやすいキャラ
黒木瞳(60年)いつまでも清楚で愛らしい
神保美貴(60年)透明感のあるお肌
川島なお美(60年)可愛らしさで強い自己主張を包む
岡部まり(60年)いつまでも可憐
東ちづる(60年)トークもうまく社会的アクションも
涼風真世(60年)元宝ジェンヌ
賀来千香子(61年)スリムで美人
石野眞子(61年)元アイドルの愛らしさ
浅野温子(61年)クールで知的、ワイルドな演技
藤あや子(61年)妖艶な美しさ
山咲千里(62年)クールでファッショナブル
松田聖子(62年)永遠のアイドルの存在感
嶋田真理子(63年?)ファッショナブル、愛され奥様キャラ
今井美樹(63年)華やかな目鼻立ち
秋本奈緒美(63年)繊細な目鼻立ち
高島礼子(64年)和服美人
山口智子(64年)ナチュラル美人
真矢みき(64年)明るくさわやかな正統派美人
薬師丸ひろ子(64年)不思議な神秘性
沢口靖子(65年)永遠の花嫁キャラ
小林聡美(65年)親しみやすい清潔感
安田成美(66年)華やかで若々しい
川上麻衣子(66年)ひかえめで優しげ
小泉今日子(66年)ナチュラルで大胆、自由なキャラ
君島十和子(66年)正統派奥様キャラ
原田知世(67年)静かな存在感
松下由樹(68年)おだやかな癒し系


50代(1960年以前生まれ)
野際陽子(36年)元祖カッコいい女
佐藤友美(41年)静かな神秘性
江波杏子(42年)いつまでもカッコいい! 
加賀まり子(43年)華やかな美女
木の実ナナ(46年)元気、大胆、頼れる姉御肌
大楠道代(46年)美しき悪女キャラ
倍賞美津子(46年)清潔感ある大人の女
前田美波里(48年)華やかな美女
桃井かおり(51年)知的で個性的
松坂慶子(52年)正統派美女~母性派
夏木マリ(52年)現役カッコいい女
吹雪ジュン(52年)可憐で清楚
真野響子(52年)和服美人
夏樹陽子(52年)
高畑淳子(54年)知的で暖かなキャラ
大地真央(56年)正統派豪華美女
浅田美代子(56年)いつまでも可愛らしい
岡江久美子(56年)元気で明るく親しみやすい美人
余 貴美子(56年)ちょっと陰のある神秘的美人
松居一代(57年)正統派美人+派手トーク
戸田恵子(57年)清潔感ある知性派
久本雅美(58年?)ファッショナブルで破天荒なトーク
萬田久子(58年)正統派美女、自由なキャラ
樋口可南子(58年)知的で年齢不詳

 

 

 


 

| TRACKBACK:0 | COMMENT:9 | HOME |

 達人マダム語る

お仕事サイトでファッション記事(?)を書いた。

http://allabout.co.jp/family/simplelife/closeup/CU20080708A/

お話を伺ったマダムは、セレブ対象にお直しをしている人で、
キャリア20年以上。
その前はモデルをしていたそう。

黎明期のテレビCMやグラビアなど、何でも出演していたとかで、
当時はスタイリストなんていう職業も確立しておらず、
ファッションの仕事以外では、モデルは自前で服や小物を揃えて現場に持って行ったんだそうだ。
へ~~

マダムに、40代のファッションの難しさを訴えると、
深くうなずいてこう言ってくれた。

「そうね。40代は、いいものを着ていないともう難しい年だけど、
いちばんお金がかかる年代でもあるから、
それだけの服を買うほど余裕はないのよね…」

だからこそ、手持ちの服を見直し、直せるものは直すなどして、
長く大事に着ることが大切、と説いた。

マダムが言う「おしゃれ」とは、服を大量にとっかえひっかえして、
どんどん入れ替えることではなく、
一枚の服をいかに多様に着まわし、活用するか、その「技術」であり、
それを楽しむ気持ちのことらしい。

「買え、買え、どんどん捨てろ」
というファッションの世界にあって、こういうことを言ってくれる人は珍しいんじゃないかな。
お話を伺ってとっても爽やかな気持ちになったし、
まとめた原稿を見せたときは、
「そう! ずっとこういうことが言いたかったの」
と、共感してもらえた。

おしゃれ=一枚の服ととことん向き合うこと

これって大事なことだよね。

服と対峙するのが面倒だからと「持たない」(逃げる)のではなく、
一枚の服ととことん向き合う、付き合う、仲良くなる、
それこそが暮らしを楽しむ、人生を楽しむことだものね。

お母さんや叔母さんの服をお直しして着る、
ユニクロやZARAを徹底的にお直しして着る、
そんな人たちの話も参考になった。

直しながら着るとき、知っておきたいこと。
・既製服は、縫い代がギリギリしかとっていない(特に安い服)ので、幅や丈を出すのが難しい
・9号と11号で迷ったら、大きい方を買ってお直しに出すといい
なるほど。

| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

 威厳があって自由なオバサン

威厳があるオバサン

が、単なる従来型紋切り型オバサンファッションに陥らないためには、
どうあればいいのか?

これは非常に難しい問題です。

個々の容貌に頼らない、
ある程度一般化した標準値を出すには、
ファッションというものは触れ幅が大きすぎる。

という問題を置いといて~、
私がここ数日見かけた「オシャレでかつ威厳のあるオバサン」を取り上げてみます。

1 エスニック系

体型的にはたっぷりしていて、そんなに若作りを意識しているようには見えない人だが、
着ているものはアジアかアフリカの手仕事系の布地で仕立てた、
ちょっと変わったデザインの、たっぷりめのドレス。
それに中ヒールのサンダルを合わせて、
髪はセミロングのゆるソバージュ。化粧薄め。

「デキル!」
っていうほど計算されつくした感じじゃないんだけど、
「あ~、おしゃれを楽しんでるな~」
というゆとりが感じられ、
なおかつ体型とのバランスも取れていて、
参考にしたい方だった。

エスニック、よくよく選ばないと難しいジャンルだけど、
モノのいいのを選んで上品に着ると、
落ち着いたおしゃれな人に見えるトクな服だな~と思った。

この場合、小物やアクセサリーもエスニックにしちゃうと、
クドくて安っぽくなるので、
ここぞとばかりブランド物にしちゃった方が無難なのかもしれない。

2 DC系?

ワイズとかギャルソンとか、
値段はオバサンなので、意外と着てる人多いのだが、
おしゃれなオバサンが着る分には、
いたって迫力があってカッコいい。

こないだ見たのは、
あごにつくくらいのストレートのボブが、
白髪50%くらいで、
縦長シルエット(Iライン)のデザイナーズ系でキメてたオバサン。

こういう人はもともとファッション業界人とかで、
我々とはワケが違うんだろうが、
とっても素敵~とうっとりしてしまった。

何より素敵だったのは、
そういう服着てるのに、とっても優しそうな笑顔だったこと。
こういう服着てる人って、たいていニコリともしないもんね。
要するに、ゆとりがカッコよさを倍加させてたのかな。
| TRACKBACK:0 | COMMENT:4 | HOME |
| HOME |NEXT

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター