忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 服飾にかける費用の結論

今まで、
「服にかける金額って、どのぐらいが適切なのか?」
という漠然とした疑問を抱いて解決しなかったのだが、
ここにきてだいたいの結論を得た。

平均値として、世帯の消費支出の4%

という数値があるなら、それを目安として、
夫婦と子供のいる世帯の主婦ならば、

消費支出の2%

が妥当ではないだろうか。

内訳は、

妻 1~2%
夫 1%
子(何人でも) 1~2%

つまり、

手取り年収 - 貯蓄・保険金額 の1~2%ってわけ。

手取り年収が600万で、貯蓄と保険で100万だったら、
5万~10万円。
現実の洋服の価格を見ると少ないなって感じがするけど、
現実的に考えれば、とっても妥当なラインだ。

この数字がわかれば、
自分が買える服や靴の数もおのずからわかろうというものだ。
堅実な服飾計画を立てることができ、
つまらない買い物を予防し、
ひいてはたんすのこやしを減らすこともできて、
有意義なんではないだろうか。


PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

COMMENT

なるほど…
数字が出てくると俄然判りやすくなりますね。
つまり、雑誌に出てくるような服を、シーズンごとにばんばん買えるような奥様の場合、
(年間被服費50万以上)
手取りで5000万くらいのお宅ということに……。

?????
2007/10/12(金) 11:09:07 | | cheerio #990410a377[ 編集]


年収上がるほど
使える被服費のパーセンテージは上がるはずですよね。だって、年収倍になったからって、ゴハン倍は食べないし。

しかし、手取り300万なら300万の、
600万なら600万のお金の使い方があるし、
それでおしゃれができなくなるわけじゃない、って思うのですが。どうでしょう。

お金がある人は何でも好きなものいくらでも買えばいいし、
ない人はないなりに、自分のできる範囲のベストの選択をすればいいだけで。
2007/10/12(金) 21:52:00 | | またちゃん #5498e70c8a[ 編集]


コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター