忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 作っている人に会う

副業で服作りをしている人に会う。
自分が着たい服がなくて、自作したのを着ていたら、
友人の間で評判になり、
口コミで顧客が集まって、
今では自宅のガレージの一部を店舗に、
細々と注文服を作っているのだと。

実際にその服を着ているところに会ったのだが、
やはり直線断ちのキモノテイストの服。
だが、生地がすごく凝っている。
信頼している業者がいて、
そこに相談して買い入れているそう。

「型紙は作らないんです。直線断ちのシンプルな服で、
サイズもフリー。着る人が、それぞれに自分の身体に
沿わせて着ていただく服で、確かに和服に近いかもしれません」

「シンプルな服なので、生地が命。
生地が変わると、同じ服でも、
きつくなったり着心地が変わったりします」

「40代は、アームホールがきつくなって、
服がきれいに着られなくなりますね。
おっしゃるように、雑誌に掲載されている通りのファッションって、
私たちが本当に着たいものとは違う気がします」

この人は、ファッション業界の人じゃない。
教育界の人で、服作りはあくまで趣味から派生したもの。
とても落ち着いた雰囲気の、まじめそうな人だった。
PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

COMMENT

技術があれば・・
わあ、やはりいるんですね、そういう人。
実は私も着たい服がないなら、好きな布で作ればいいのか?と思って、図書館の型紙を見たり、インターネットを検索していました。
今日みつけた布地とパターンを売っているお店はこちら。シンプルだけどやはりディテールと布地にこだわっているらしいです。
http://www.couleure.jp/index.html

でもやっぱり技術と時間が無いと難しいよねぇ。。。
2007/07/11(水) 18:35:05 | | ‡Ako‡ #5494f8eb61[ 編集]


技術はないので‥
ホント、自分で作れる人がうらやましいです。
でも、着心地のいい服を作るのって、
やっぱりすごく難しいことだと思います。
そういう意味で、プロの技を尊敬します。

着心地のいい服と、着たい服がイコールで、さらにそれが、社会的な要求とも相容れるものであればベストなのですが、
私の場合、どれか一つが突出してしまうみたいで、そこが問題なんですよ‥
2007/07/11(水) 22:14:54 | | またちゃん #2893db66a6[ 編集]


コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター