忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 オバサンに必要なただ一つの要素

書店で雑誌見てたら、またもナチュラル系ファッション誌登場。

『大人で可愛いナチュラル服 2008年夏号』(主婦の友社)

既刊類書と大同小異であろうと中身は見なかった。
しかし、今まで雑貨扱いだったこのジャンルの服が、だんだん本気で商売になってきたのかな。
ファッション業界のことはわからないけれども。

インテリアショップで、40代後半と思しきオバサンが、
内田彩乃さんみたいな服に身を包んでいるのを見て、
「ブームも本物?」
と思うと同時に、
「や、やっぱりイタい…」
と思ってしまった。
(なぜか、40代も前半と後半で随分違う風に見える)

リネンのワンピースに、カットワークの白レーススカート(長い)を重ねばき、
短い丈のカーディガンを羽織り、ペタンコ靴。

強い違和感を感じたのは、何よりその髪型である。
セミロングのゆるパーマ。
オバサンの髪型としては、間違っちゃいないし、そこそこ小奇麗だったけど、
この服とは合わないよなー。
だから、
「何か解釈間違ってるよ奥さん!」
と思っちゃったのかなー。

あと、この系統のファッションが、オバサンに合わない最大の理由がこの人を見てわかった。

「威厳」
というものが感じられないのだ。

非常に厳しい言い方をさせていただけば、
(だってこの人は何も悪くない、私には人の格好をどうこう言う権利はない)
「オバサンがカマトトぶってる」
にしか見えないのだということ。

ああもう、ナチュラル系でもSTORY系でも何でもいいよ、
わかった。
オバサンに必要なのは、何より

「威厳」

である。
それ以外に、年をとって得られるメリットなんてあるかい。
若作りが非難されるのは、その最大にして唯一のメリットを放棄して、
オバサンが若さにおもねるからであろう。

「年齢相応の格好を」
とよく言われ、つい反発してしまうけれど、
それはそういう意味なのだ。
皆、オバサンには威厳を持っていてほしいのだ。

逆に、威厳さえ感じられれば、何着てたっていい。
よし、これからはそれを目指すぞ。
と、世界のはじっこで人知れず決意。
でもどうやって。
PR


| TRACKBACK:1 | COMMENT:6 | HOME |

COMMENT

無題
いつも、楽しく読んでいます。

話がずれるかもしれませんが・・。

事務のパートにでるようになり、、ふつうのおばさんに期待される役割について考えた時、(仕事とは別にその人のキャラクターというか)それは、「お母さん」では・・と気付きました。

なーんか、清潔で、よく気が付き、物を頼みやすくて(親しみやすい)、
経済観念もしっかりしてて、いつも穏やか・・・(で、安定しているからこそ備わる威厳ですね。)ってそういうお母さんいるかー!!と叫びそうになりますが、多分そういう人を40代の女の人に世間は望んでいるんですよ・・・。

で、そういったイメージを具現化したファッションこそ!!当人たちが着たいかどうかは別にして世間から見て、イタくないふつうのおばさんファッションではないかしらん???
2008/06/09(月) 10:32:14 | | ミホ #986cfb8aeb[ 編集]


ミホさんのご意見ごもっとも
 こんにちは
ミホさんのご意見はごもっともですが、40代は「おかあさん」はまだ若すぎると思います。
自分がもうじき40代だからというわけではありませんが・・・
でも気をつけないと今でも十分おばさんです。
若い子と張り合い、陰口やいじめをするおばさんにはならないよう、必死に頑張ってはいます。
痛いのは、同じくらいの年の人で頼まれても動かない、お茶はいれないのに口は出す人です・・・
愚痴はやめると誓ったのに・・・
カネコさん、ウチの母くらいの年齢でピンクハウスの服を着てる人を見かけます。いかがお考えでしょうか?
2008/06/09(月) 19:45:55 | | サキコ #2ac1ef4202[ 編集]


無題
ミホ様


>清潔で、よく気が付き、物を頼みやすくて(親しみやすい)、
>経済観念もしっかりしてて、いつも穏やか・・・
>ってそういうお母さんいるかー!!

爆笑してしまいました。
ホント、そんな40代いねーよ!

しかしまーアレですね、
「期待されるオバサン」
は確かにソレかもしれませんが、
別に我々、都合のいいオバサンにはなりたかないですよね!

「都合のいいオバサン」
と、
「威厳のあるオバサン」
はまた別物ではないかというこれは仮説。

私のイメージする「威厳」とは、

「オラ! このおばあちゃんに席譲ったらんかい!」
と、優先席で携帯する若者をどかしちゃう迫力です!!

ソウイウモノニワタシハハリタイ

なれてるか…?

2008/06/09(月) 22:16:30 | | カネコ #526f787f24[ 編集]


無題
サキコ様

サキコさんの職場には、またシブいオバサンがいてはるご様子ですね~

その(我々の母世代の)オバサン、
真っ黒な髪をロングのソバージュにしてたりしますよね…
そこに水玉かチューチャとか、
でっかいコサージュもしてるでしょ?

中高年のピンクハウス問題は、確かに存在しますよ。
60代でピンクハウス着ちゃうっていう時点で、
やっぱりある程度問題のある人格なのではないか。
いや、そんなこと言っちゃいけないのか。
何着たって自由だろ!

と、煩悶する私がいるのでございます。

が、

やっぱコワいよ、オバサンのカマトト!!

(雨宮処凛先生が、60代になって、
ゴスロリで国会に登場する姿を想像している)
2008/06/09(月) 22:24:25 | | カネコ #526f787f24[ 編集]


無題
いえ、そのおばさんは私より一つ上の人(30代後半)でショートの茶髪です。
見た目はデキルという感じで口もたつのですが、何しろ動かない。
上司からあれは?と聞かれてもわからず人の顔をじっと(私)見て、資料を探させるんですよ。
ただ、トロイ人ということはわかってきましたが、その人に都合のいいように使われて一日バタバタしてる私っていったい・・・と感じる今日この頃なのです。
その方は作業ズボンの上にブラウスという変な格好で仕事しています。
 40代でソバージュにカチューシャの人も時々見かけますが、すれ違うとき まだ持ってたんですか?という気持ちでいっぱいになります。
2008/06/10(火) 06:52:16 | | サキコ #2ac1ef4202[ 編集]


無題
>すれ違うとき まだ持ってたんですか?
>という気持ちでいっぱいになります。

わはははは…
いますよねそういう人、男女問わず。

私、同世代のオトーサンが、
ポロシャツの襟立てて、セカンド持ってるの見たとき、
同じ感想を抱きました。

2008/06/11(水) 22:53:56 | | カネコ #526f7850bc[ 編集]


コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

2008年7月11日(金) 去年あたりから古い服をいろいろ処分していたら、真夏に家 で着る服がなくなってしまっていたのに気づいた。 (外出着...
2008/07/11(金) 19:35:12 | ミセス・かんちがいのブログ日記
BACK| HOME |NEXT

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター