忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



| HOME |

 ここまでの結論 40代はどう着ればいいか

突然「オバサンのファッション」について考え始めてこの数ヶ月で気付いた、オバサンに必要な着こなしポイントをまとめてみる。

もちろん私はファッションのプロじゃないし、それ以前におしゃれじゃないしセンスない。でも、そんな私にも明らかに「これはナシだろう」というのはわかる。イタい40代を反面教師としてまとめたものであるので、その辺念頭においてお読みいただきたい。つーか誰か読んでんのか。

1 色を使う
 30代前半までなら、全身無彩色というのは可能だけど、40代になってそれは非常に難しい。「デブの疲れた不機嫌そうなオバサン」になってしまう恐れ大である。
 そうなりたくないので、私は色を使う。滅多やたらに使うのはそれはそれで難しいので、首の周りだけでも明るい色をさす。帽子、スカーフ、ピアス、ネックレス、タートルネックなんかがお手軽である。その際は必ず、「似合う」と明らかにわかっている色を使うことである。鏡の前でとっかえひっかえしていると、どれがいちばんシミが目立たない色か、はっきりわかるものだ。

2 清潔感
 生活に疲れた40代なので、自分のことは後回し、服も洗ってありゃ何でもいいだろ、となってしまうが、それはやっぱりイタい。今日スーパーで見た40代の肌色のタイツ(ストッキングじゃなくタイツだった。不透明なの)の踝のとこに、盛大に毛玉ができてて、やはり近所のスーパーといえど、見たくないものを見てしまった思いでいっぱいに。
 小さなことなのだ。毛玉、洗いざらし(ものによっては可)、色あせ、ほつれ、シミ、こういうものが一点でも目に入ると、途端に清潔感が消えうせ、年齢が5歳くらい加算される。だから、シャツにはアイロンをかけ、靴はサッと磨き、裾のほつれはとっとと直す。面倒がってカットソーや化繊ばかりというのも、また別の不幸感がある。洗濯=清潔じゃないのである。

3 メリハリ
 上下ともルーズシルエット(ナチュラル系に多い)、あるいはムリしてタイトなシルエットというのは、40代には難しい。自信がある人ならタイトもイケるけど、それでも30代までのハリはもうないので、かえって痛々しい結果になってしまっても困る。「どっか出したら、どっか隠す」「上はユルく、下はタイトに」といった具合に、シルエットにメリハリをつけた方がいいようだ。センスいいなと思える40代はそんな感じだった。

4 肌見せ
 これはもう、大いに検討を要するポイントだと思う。40代のキャミソール、ホットパンツというのは、いくらなんでもいただけない。よほど自信があっても、厳に慎むべきではないだろうか。というか、慎んでいただきたい人しか着てるのを見なかった。
 40代が見せない方がいいのは、肘と膝だと思う。自分では気付かないけど、若者と同じ服を着てるオバサンを後ろから見分けるポイントは肘だからだ。年とるに従って、肘の色素沈着は進み、太っていても肘にふわふわの皺が寄る。膝も同様である。ナマの膝は寄りで見ると年がわかる。
 結論。40代が見せていいのはデコルテ。首周りは、若者だったらエッチっぽくなってしまうまで開けてもイケる。理由は、胸の位置が下がっているから!! ここにじゃらじゃら何かぶら下げとくのも、40代をオバサンからマダムに変えるポイントか。

5 髪型
 40代がもっと気を使うべきはヘアスタイルではないだろうか。極端な話、ヘアスタイルさえ今っぽくて手入れがよければ、服なんか大して考えなくてもカッコいいオバサンになれると思う。
かく言う私ももう半年美容院に行っていないので、こんな口を叩く資格はないのだが、私の場合美容院から帰ってきた翌日にはもう恒例のひっつめ髪に戻っているので、行く意味あまりないのだ。
 しかしそんな私でも、美容院に行かないでこのひっつめ髪を保つのは難しいのだ。タダのひっつめに見えるが、それでもナマの毛でひっつめると、まさに山姥のようになってしまうので、私なりに気を使っているのだ。
 40代で、20代の頃と同じヘアスタイルをしている人をたまに見る。前髪を立て気味にブローしたゆるソバージュとかね。80年代チックだね。
 やっぱりアレもちょっと考えた方がいいよね。じゃあどうしろっていうのは私にはないのだが、美容師とよくよく相談して、今の時代を反映したスタイルを取り入れるのは大事だなと思う。そのためには、信頼できる美容師を、金のわらじを履いて探すことだな。

6 ジュエリー
 コレは、好きな人とドーでもいい人にキッパリ分かれるところだろうが、40代になったら、義務でつけるというのもアリじゃないだろうか。
 別に、高価なものじゃなくていいのだ。本物の石じゃなくたっていいのだ。30代から次第に減ってきた肌の輝きを、ジュエリー(アクセサリー)で補填することは、とっても大切なんじゃないかと、ここ最近になって思うようになってきた。
 しかも、20代でプレゼントしてもらったプチペンダントみたいなのは、かえって逆効果で、それは20代の肌にはつりあってたけど、40代のくすみには、到底太刀打ちできない。そこで、粒の大きいもの、派手なものをつけてみると、以前は絶対似合わなかったものが、いつの間にかしっくり似合うようになっているものだ。
 プチジュエリーの活用法は、
1 フツーに売る
2 どっかに寄付する
3 リフォーム店に相談して、ほかの石を組ませたり、地金を足して、ボリュームあるジュエリーに作りかえる
 私が、使ってない指輪とかたっぽになってしまったピアスをペンダントトップに作り変えてもらったジュエリー工房の社長さん(推定60代)は、耳から首から大量の宝石を飾っているけど、全然いやらしい感じがしないの。年とるほど、ゴージャスなものが似合うようになるっていうのは、ある意味嬉しいことかもね。


PR


| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | HOME |

COMMENT

がっつり読んでまっす!
こんばんは。
ものすんごく面白くがっつり読ませていただきました!

ところで、今出ているクロワッサン、
チープシックなオバサンファッション特集なのですが、
それに出ているある方によると10万円以下のコートはとりあえず「チープ」枠なんだそうです。。。

それはそうと、私は放っておくと年中真っ黒なので、
黒尽くめは30代の楽しみとしたいと思いました。
2007/11/06(火) 17:30:31 | URL | cheerio! #990410a377[ 編集]


ありがとー
こんばんわ! コメントありがとうございます。
よかったわ読んでる人いるのね。
(いなくても書くんだけど私って)

私も今出てるクロワッサン買ってみたけど、
ちゃんと読んでなくて。

>10万円以下のコートはとりあえず「チープ」枠

そんなくくりだったのか?
そういう特集には見えなかったけど?
問屋街でやっすい服を探したりしてたような…

何か極端なんだよね。
極端にしないと広告に差し障るからかな。
ホント、雑誌の世界はよくワカラナイです。

そゆこと考えると、
よかった私雑誌の人じゃなくて!
何でも好きなこと書けるもんね!
2007/11/06(火) 21:25:03 | | またちゃん #5499440ed0[ 編集]


コメントする


 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。

このエントリーへのトラックバック

BACK| HOME |NEXT

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[11/15 NEX-5N]
[11/13 DSLR-A850]
[08/21 石ちゃん]
[10/04 ひいらぎ]
[08/22 カネコ]

最新記事

(08/22)
(08/22)
(01/16)
(01/15)
(10/08)

最新TB

(04/04)
(09/15)
(02/04)
(11/06)
(07/11)

プロフィール

HN:
またちゃん
性別:
女性
職業:
ライター
自己紹介:
オバサンライター。ファッション誌の仕事したことはありません。ファッションセンスもありません。

ポータルサイト「All About」の「シンプルライフ」でガイドをやっています。

ほぼ毎日更新のブログはこちら。

著書一覧です。

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(06/21)
(06/21)
(06/21)
(06/22)
(06/23)

カウンター